スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米澤穂信 「さよなら妖精」

さよなら妖精 (創元推理文庫)さよなら妖精 (創元推理文庫)
(2006/06/10)
米澤 穂信

商品詳細を見る

しかし、幸福が不満だからといって、わざわざそれらを打ち捨てガード下をねぐらにするのも愚かしいことだ。それは単に不自由ごっこに過ぎない。教室で本を読む人間がマイノリティであると知っているなら、わざわざそうしたりはしないのと同じだ。おれが得たいのは自己満足ではない。断じて、それではない。



異国の少女との出会い。しばしの交流の後、少女は戦地となった故郷へと帰っていく。
それなんて(ry

日常の謎を解いていく、という形は古典部シリーズを踏襲していますが、今回は主人公に謎解きを強いるのが異国の少女マーヤということで、外から見た日本文化の不思議さが描かれていて中々に新鮮です。
しかし、古典部シリーズのスタイルを踏襲しつつも、終盤に至るにつれ社会的なメッセージ、問題提起なようなものを感じられるのがこの作品です。特に別れの場、守屋の独白の後の告白とそれに対するマーヤの答えの温度差にそれが端的に表れていると思います。守屋の独白に少なからず共感する所があるだけにとても切ない終盤ですが、読後感は悪くなくとても良い作品です。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

take

Author:take
◆HP -2008.10.18更新
-KONTON- Randomizer

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。